このページの本文へ移動
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 葉の気孔を計測するAIアシスト機能搭載顕微鏡システムの開発-気候変動に対応した育種への応用に期待-

葉の気孔を計測するAIアシスト機能搭載顕微鏡システムの開発-気候変動に対応した育種への応用に期待-

2021年07月29日 木曜日 研究成果

本學理學部の爲重才覚特任助教(橫浜市立大學 特任助教兼任)と橫浜市立大學木原生物學研究所の清水健太郎客員教授(チューリッヒ大學 教授兼任)の研究グループ、および名古屋大學トランスフォーマティブ生命分子研究所WPI-ITbMの戸田陽介特任助教(科學技術振興機JSTさきがけ研究者、株式會社フィトメトリクス 代表取締役社長兼任)、名古屋大學同研究所の木下俊則教授らの研究グループは、顕微鏡畫像から気孔を認識するAI技術と、それを動かすための小型コンピューターを利用して、リアルタイムに畫像解析する安価な新しい顕微鏡システムを開発しました。本システムは、畫像品質を確認しながらデータ収集と解析を行うことができ、実際にコムギの気孔を認識?計測したところ、精度の高い結果を得ることができました。今後はこの技術を利用してコムギなど作物種の気孔の數や大きさを決める遺伝子の同定など、育種學的な成果につなげていくことを目指します。
本研究成果は、「Frontiers in Plant Science」誌に掲載されました。(日本時間2021年7月29日13時)

本研究成果のポイント

  • コムギや近縁植物の気孔の數とサイズを測る顕微鏡システムを開発した。
  • 他の様々な顕微鏡観察に応用できる。
  • 顕微鏡観察と同時にリアルタイムに解析を行うことで多面的に研究を支援できる。
  • ソフトウェア、ハードウェアともに非常に低予算で構築できる。

研究內容の詳細

葉の気孔を計測するAIアシスト機能搭載顕微鏡システムの開発-気候変動に対応した育種への応用に期待-(PDF:605KB)

論文情報

【掲載誌】Frontiers in Plant Science
【論文タイトル】An Affordable Image-Analysis Platform to Accelerate Stomatal Phenotyping During Microscopic Observation
【著者】Yosuke Toda, Toshiaki Tameshige, Masakazu Tomiyama, Toshinori Kinoshita, Kentaro K. Shimizu
【doi】10.3389/fpls.2021.715309

本件に関するお問い合わせ先

広報室
E-mail pr-office@adm.niigata-u.ac.jp

他のニュースも読む

草蜢社区在线观看免费下载